エントリーシートの具体的な書き方:成功する自己PRの例 (前編)

就活

大学生の皆さん、こんにちは。就活は大変な道のりですが、一歩一歩確実に進めば必ず成果が出ます。今日はエントリーシートの書き方、特に自己PRの書き方について話しましょう。

1. 自己分析から始める

自己PRの書き方の鍵は、自己分析から始まります。自己の強みやスキル、経験を理解することで、自信をもって自己PRを書くことができます。

具体的には以下のような質問に答えてみてください。

  • 自分の得意なことは何か?
  • 過去の経験やプロジェクトから何を学んだか?
  • 自分の価値をどのように他人に伝えられるか?

2. 適切なエピソードの選択

次に、自己PRに適したエピソードを選びましょう。選ぶエピソードは自分の強みやスキルを強調するものであるべきです。

例えば、あなたがチームワークを強調したい場合、過去のグループプロジェクトで自分がどのように貢献したのか、どのようにチームをまとめたのかを具体的に述べることができます。

3. STAR法を使ったエピソードの構造

自己PRのエピソードを書くときには、STAR法(Situation、Task、Action、Result)を用いることを推奨します。具体的には以下の要素を含めてください。

  • Situation(状況):あなたが直面した具体的な状況や課題は何でしたか?
  • Task(課題):あなたが達成しなければならなかったタスクは何でしたか?
  • Action(行動):あなたが取った具体的なアクションは何でしたか?
  • Result(結果):あなたの行動の結果、何が達成されましたか?

それでは次回の中編で、エピソードの書き方を具体的に詳しく見ていきましょう。一緒に素晴らしい自己PRを作り上げていきましょう!

エントリーシートの具体的な書き方:成功する自己PRの例 (中編)

前回は、自己PRの準備となる自己分析、エピソードの選択、そしてそのエピソードをSTAR法に基づいて構造化する方法について学びました。今回は、具体的なエピソードの書き方とその見直しについて深く掘り下げていきましょう。

1. エピソードの具体的な書き方

では、選んだエピソードをSTAR法を用いて具体的に書いてみましょう。ここではあくまで一例として、自身がチームプロジェクトを成功に導いたエピソードを書くことにします。

  • Situation(状況):大学のグループプロジェクトで、提出期限が迫っているにも関わらず進捗が遅れていた。
  • Task(課題):グループのメンバーと連携し、期限内にプロジェクトを完成させる必要があった。
  • Action(行動):自分はリーダーとして、タスクの再分配を行い、期限までに各メンバーがどの作業を完成させるべきか明確にした。
  • Result(結果):結果として、全ての作業が期限内に完了し、プロジェクトは成功裏に終わった。

2. 見直しとフィードバック

書き終わったら、必ず見直しをしましょう。自分が何を伝えたいのか、そのメッセージが明確に伝わるかを確認します。自分だけではなく、他の人にも読んでもらうことでフィードバックを得ることができます。読者があなたの強みや経験を理解できるかどうかを確認しましょう。

次回、後編では、自己PRをさらに引き立てるための工夫や、応募先に合わせたカスタマイズについて学びます。期待してお待ちください!

エントリーシートの具体的な書き方:成功する自己PRの例 (後編)

これまで、自己PRの準備となる自己分析、エピソードの選択、その書き方、そして見直しについて詳しく見てきました。後編では、自己PRをさらに魅力的にするための工夫と、それを応募先に合わせてカスタマイズする方法について説明します。

1. 自己PRを魅力的にする

自己PRをより魅力的にするためには、具体的な数値や結果を示すことが有効です。例えば、「プロジェクトは成功裏に終わった」ではなく、「プロジェクトは予定より2週間早く終わり、期待された成果を20%上回った」のように具体的に書くと、より具体的で説得力のある自己PRになります。

2. 応募先に合わせたカスタマイズ

自己PRを書く際には、それが応募先の企業やポジションに適していることを確認しましょう。その企業やポジションが求めているスキルや経験を強調することで、あなたがそのポジションに適した候補者であることを示すことができます。

例えば、求められているスキルが「リーダーシップ」であれば、自己PRの中で自分がどのようにリーダーシップを発揮したかを強調しましょう。

3. 最終チェック

全てが完成したら、最後に全体を見直します。自己PRが自分の強みを適切に表現しているか、読者が理解できるか、そして応募先に合っているかを確認しましょう。

就活は大変ですが、しっかりと自己PRを準備すれば、あなたの強みを見つけ、自信を持って就活に臨むことができます。この一連の過程を通じて、自分自身をより深く理解し、自己成長に繋げてください。成功をお祈りしています!

エントリーシートの具体的な書き方:成功する自己PRの例 – まとめ

就職活動における自己PRの作成は大変な作業ですが、それは自分自身を深く理解し、自己成長の機会でもあります。まず、自己分析から始め、自分の強みや経験を明確に理解しましょう。その後、自己PRに適したエピソードを選び、STAR法を用いて具体的に書きましょう。

書き終わったら必ず見直し、他の人にもフィードバックを求めることを忘れないでください。そして、自己PRを魅力的にするために具体的な数値や結果を示し、応募先に合わせてカスタマイズしましょう。

最後に、自己PRが自分の強みを適切に表現しているか、読者が理解できるか、そして応募先に合っているかを最終チェックしましょう。この一連の過程を通じて、成功する自己PRを作り出すことができます。これからの就職活動、成功をお祈りしています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました